So-net無料ブログ作成
検索選択
エンタメ ブログトップ
前の10件 | -

神宮花火大会デビュー [エンタメ]

一度ちゃんと見て見たかったので、今年は神宮球場のアリーナチケットを購入。
張り切って開演時間に行ってみました。
image-20120811083051.png
うん。
前座のLIVE、音響悪すぎでつまんなかった(>_<)
image-20120811083434.png
ファンの方以外は辛いですね。
早く暗くな〜れってことでビールと唐揚げ(笑)
花火は7時半から。
歓声と共に打ち上げが始まります。
綺麗ですね〜。
image-20120811083145.png
さすがに近いから音の迫力が楽しい。
でもしょうがないのかもしれないけど、大画面テレビでちょこちょこ入る
提供スポンサーの宣伝がしらけます(笑)
海とかの花火と比べると打ち上げが低いので、ちょっと物足りないかなあ。。。
でも夏の花火。
やっと見ることが出来ました(^ ^)
コメント(0) 

神宮球場到着〜。 [エンタメ]

すごい人です。
毎年、行こうと思っているのに当日ニュースで見るってもののひとつが神宮花火大会。
今年は取りあえず来てみました。
ひとり花火大会は普通のじゃ寂しいなということで座席つきのやつ(笑)
帰りにランベースまで走っていくつもりだけど辿りつくのかな?
image-20120810175923.png

コメント(0) 

フェルメールみに行って来ました。 [エンタメ]

リニューアルオープン記念「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」に誘っていただいて行って来ました。
image-20120730130406.png
フェルメール大好きですが一番好きなのは「青いターバンの女」だと思っていたら「真珠の耳飾りの少女」になってる。
なんで?
って思っていたら、ミキモトがスポンサーだからなのね(^^)
この少女に会うのは3回目。
最初は1996年、デンハーグで開かれたフェルメール展。
23点も集めるという奇跡的なイベントを知り、無謀にもすっ飛んで行ったんですよね。日本から(笑)
そして次は本家マウリッツ。
この絵、国外には持ち出さないという約束で寄付されたと聞いていたので、日本で会えるとは思いませんでした。
改装中っていうと日本にやって来る。
やっぱりこの絵が一番好き〜(^^)
image-20120730130441.png
ミフィちゃんこけし。
image-20120730130605.png
こんな素敵な絵本もあるんですね。
image-20120730130504.png
コメント(0) 

映画 テルマエ・ロマエ☆TOHOシネマ [エンタメ]

レディースデー、本当は違うのを見ようと思ったのですが、誘われてこちらを。 
バカバカしくて、すごく面白かった(笑) 

阿部 寛、良い役者になりましたね(^^) 
彼にぴったり。 
原作はやっぱり漫画なのねえ。 
監督 武内英樹 
製作総指揮 - 原作 ヤマザキマリ 
阿部寛(ルシウス) 
上戸彩(山越真実) 
北村一輝(ケイオニウス) 
竹内力(館野) 
宍戸開(アントニヌス) 
勝矢(マルクス) 
キムラ緑子(山越由美) 
笹野高史(山越修造) 
市村正親(ハドリアヌス) 
解説: 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう、ヤマザキマリの人気コミックを実写映画化。 
あらすじ: 古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所 は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂 
の文化に感銘を受 け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが…

コメント(0) 

映画☆アーティスト☆JAL機内4月 [エンタメ]

モノクロ・サイレント恋愛映画で84回アカデミー賞受賞

うう~ん。
これは映画館で観たら面白かったんだろうか。
機内のちっちゃな画面ではまったくダメで、途中で脱落(-.-)

なんで今更サイレントなんでしょう。。。


コメント(0) 

ヒューゴの不思議な発明(3D) [エンタメ]

見るつもりはなかったのですが、アカデミー賞5部門ゲットじゃあ見てみましょうという感じ?
視覚効果賞、録音賞、音響編集賞、美術賞、撮影賞、
レディースデー1000円の日でも1300円の3Dもの。
1128118_1555835036_194large.jpg
スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャーとな。
確かに綺麗だった。
1930年代のフランス、パリの駅が夢のように描かれていました。
でもそれだけ?
ストーリーがイマイチなんだもん(笑)
まったくわくわくしなかった。
映画館、そして3Dで見ないとって映画ですね。
あんなの機内で観たらつまんないだろうな~。

1000円お手頃値段なら良いけど、1300円だとちょっと悔しい(笑)

アメリカ 製作年 2011年
初公開日 2012年3月1日
上映時間 126分

出演 : ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン
監督 : マーティン・スコセッシ


コメント(0) 

麒麟の翼 ~劇場版・新参者 [エンタメ]

これは絶対行くと決めていました。
もちろんレディースデー(笑)

東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~
securedownload[1].jpg
賛否両論 あるみたいだけど私は面白かったです(^_^)v
中井貴一、お父さん、良い味出していました。
阿部寛 良い役者になりましたね~。

キャストがぴったりはまっていて良い感じでした。

日本橋七福神めぐり、走って回らなくちゃ(笑)

製作年度: 2011年 上映時間: 129分
あらすじ: 腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟(きりん)の像の下で息絶えた男性。一方、容疑者の男は逃亡中に事故に遭い、意識不明の重体となる。日本橋署の加賀恭一郎(阿部寛)は事件を捜査するにつれ、関係者の知られざる一面に近づいていく。被害者はなぜ必死で歩いたのか、はたまた加害者の恋人が彼の無罪を主張する理由とは……。

監督: 土井裕泰
新垣結衣(中原香織)
溝端淳平(松宮脩平)
松坂桃李(青柳悠人)
菅田将暉(吉永友之)
山崎賢人(杉野達也)
柄本時生(横田省吾)
竹富聖花(青柳遥香)
聖也(黒沢翔太)
黒木メイサ(青山亜美)
向井理(-)
山崎努(加賀隆正)
三浦貴大(八島冬樹)
劇団ひとり(糸川肇)
秋山菜津子(吉永美重子)
鶴見辰吾(小竹由紀夫)
松重豊(小林)
田中麗奈(金森登紀子)



コメント(0) 

JAPANESE SINGER 平井堅☆大阪城ホール [エンタメ]

とっても元気貰えました(*^_^*)
やっぱりライブは良いですね~。


8thアルバムJAPANESE SINGERを引っさげ、フル・バンドでは約3年ぶりとなるツアーとのことなので、どこかで行きたいなって思っていたのですが、なかなかチャンスがなかった。
でもツアー22公演の最終日に行けました。
11月30日 <KEN HIRAI Live Tour 2011 JAPANESE SINGER>

名作バラードがオンパレードでほんと、マイク食べちゃうような熱唱でなんかうるうるしてしまった。

1128118_1433100754_177large.jpg

生まれ故郷でもある大阪で親戚も来てるってことで、いつもの楽しいMCも
なんか照れてて可愛かった(笑)

大阪城ホールはいきものがかりが初めてだったのですが好きなホールです。
ドーム級だと何処もあまり変わらないけど、1万人ぐらいの会場だと
ここ良いですね(*^_^*)

感動のアンコール弾き語りの後、
マイクなしで「ありがとうございましたー。」って。
なんか良かった。。。

1.いとしき日々よ
2.お願いジュリー
  MC
3.R&B
4.CANDY
5.Girls 3X
even if(ピアノ) ミニKen's Bar
6.Missin' you ~It will break my heart~
7.片方ずつのイヤフォン
8.LIFE is...
9.夢のむこうで
10.アイシテル
  MC
11.君の好きなとこ
12.瞳をとじて
13.哀歌
14.Miss サマータイム
15.KISS OF LIFE
16.POP STAR
17.僕は君に恋をする

アンコール
18.Love Love Love
19.あなたと(ピアノ弾き語り)

コメント(0) 

映画☆ステキな金縛り [エンタメ]

 お芝居見ていたころ、やっぱり三谷さんのが好きでした。 
でもチケット取るのが大変で、もう長い間ご無沙汰でした。

映画だったらいつでも見れる。
早速見に行きました。

ちょっと長かったけど、こんなの三谷さんしか作れない。
楽しく笑わせて貰いました(*^_^*)

そして普通じゃありえない豪華なキャスト。
チョイ役だってみんなすごいんだもん。

年に一度、こんな映画あってみ良いよね~(笑)
1128118_1410889823_195large.jpg
あらすじ: 失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当することになる。被告人は犯行が行われたときに自分は金縛りにあっていたので、完ぺきなアリバイがあると自らの身の潔白を主張。エミはそのアリバイを実証するため、被告人の上に一晩中のしかかっていた幽霊の落ち武者、六兵衛(西田敏行)を証人として法廷に召喚させるが…

監督 三谷幸喜
製作総指揮 - 原作 -
音楽 荻野清子 脚本 三谷幸喜
深津絵里(宝生エミ)
西田敏行(更科六兵衛)
阿部寛(速水悠)
竹内結子(日野風子/矢部鈴子)
浅野忠信(木戸健一)
草なぎ剛(宝生輝夫)
中井貴一(小佐野徹)
市村正親(阿倍つくつく)
小日向文世(段田譲治)

コメント(0) 

映画 スリーデイズ [エンタメ]

レディースだったのでスリーデイス見に行きました。

普通の市民が妻に無実の罪をきせられ審議も望みなく、刑務所暮らしが続くときに採った夫の行動。
スーパーマンじゃない男は必死になって妻を脱獄させる方法を考え、実行していくんだけど「本当に奥さんのことが好きなんだな、信じているんだな。」という基本設定がはっきりしていて、話の流れに違和感がなかったです。
脱獄させる以外 家族を救う道はないと決意してからのアクションのドキドキが一気に進むけど
普通のおっちゃん体型で演じてるラッセル クロウ良いですね~♪
夫婦の愛情の表現、子どもへの愛情。
そして祖父と主人公(息子)との親子の静かな愛情。
アクション映画だけれど愛の映画でした。
細かな設定満載の大人の映画(*^^)
妻が本当に罪を犯していたのか、無実なのかも最後に客だけに解る作りも
オシャレでした。
話しは違うけど、今週上映してる映画の題名って「スリーデイズ」「4デイズ」「5デイズ」ってなに?
配給会社仕事やる気あるのかなあ。。。
1128118_1352890945_65large.jpg
あらすじ: 大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)は妻子と共に幸せな日々を過ごしていたが、ある日妻のララ(エリザベス・バンクス)が殺人の容疑で逮捕される。それから3年、ジョンは妻の無実を証明するため懸命に奔走していたが、覆ることなく刑が確定してしまう。絶望した妻が獄中で自殺を図ったことを知り、彼は自らの手で妻を取り戻そうと決断する。

監督 ポール・ハギス
製作総指揮 アニエス・メントレ 、アンソニー・カタガス 原作 -
音楽 ダニー・エルフマン 脚本 ポール・ハギス
ラッセル・クロウ(ジョン・ブレナン)
エリザベス・バンクス(ララ・ブレナン)
ブライアン・デネヒー(ジョージ・ブレナン)
レニー・ジェームズ(ナブルシ警部補)
オリヴィア・ワイルド(ニコール)
タイ・シンプキンス(ルーク)
ヘレン・ケアリー(グレース・ブレナン)
リーアム・ニーソン(デイモン・ペニントン)

コメント(0) 
前の10件 | - エンタメ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。