So-net無料ブログ作成
検索選択

○旅行記まとめました~京都・奈良 5月 [奈良]

P1190544.jpg
今回の京都はスィーツな友人と一緒だったので、甘いお店が充実でした(^-^)
奈良の平城宮後に朝一で行ったのですが雨で残念。
お目当てのイルンガも行きました。

やっとすべてUP出来ました(>_<)
コメントとかいただけると嬉しいです。
URLを書いていただけたら私はも遊びに行かせていただきま~す(^-^)


#1 京都・奈良 5月~出発 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-06-11-2
#2 京都・奈良 5月~西利の漬物点心
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-06-11-1
#3 京都・奈良 5月?日本語版刊行10周年記念 リサとガスパール&ペネロペ展
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-26-2
#4 京都・奈良 5月~マールブランシュのロールケーキ
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-05-23
#5 京都・奈良 5月~ハイアットリージェンシー京都
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-01-2
#6 京都・奈良 5月~ハイアットの朝ごはん
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-01-3
#7 京都・奈良 5月~ちどりや
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-16-1
#8 京都・奈良 5月~ウェスティン京都
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-06-06-3
#9 京都・奈良 5月~パパジョーンズのチーズケーキ 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-08-2
#10 京都・奈良 5月~川端道喜の道喜粽(どうきちまき)
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-12-6
#11 京都・奈良 5月~御蔵屋 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-25-2
#12 京都・奈良 5月~上賀茂秋山
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-26
#13 京都・奈良 5月~炭火と天ぷら 割烹なかじん
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-05-27
#14 京都・奈良 5月~豆英
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-08-3
#15 京都・奈良 5月~PATISSERIE.S (パティスリー・エス)
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-28-2
#16 京都・奈良 5月~ぽんぽこ亭
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-28-3
#17 京都・奈良 5月~シェラトン都大阪
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-28-4
#18 京都・奈良 5月~奈良へ
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-02-2
#19 京都・奈良 5月~平城遷都1300年祭平城宮跡①衛士隊による朱雀門の開門の儀式
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-02-4
#20 京都・奈良 5月~平城遷都1300年祭平城宮跡②復元された大極殿@
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-02-5
#21 京都・奈良 5月~史料館
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-08
#22 京都・奈良 5月~リストランテ・イ・ルンガ
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-07-06-1
#23 京都・奈良 5月~大和百菜
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-07-1
#24 京都・奈良 5月~薬師寺①金堂 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-5
#25 京都・奈良 5月~薬師寺②祈りの回廊 国宝 東塔特別開扉 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-6
#26 京都・奈良 5月~薬師寺③玄奘三蔵院伽藍 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-7
#27 京都・奈良 5月~薬師寺④東院堂 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-8
#28 京都・奈良 5月~薬師寺⑤大唐西域壁画特別公開 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-9
#29 京都・奈良 5月~唐招提寺①金堂 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-10
#30 京都・奈良 5月~唐招提寺②講堂 8/18/7
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-12-11
#31 京都・奈良 5月~唐招提寺③鼓楼 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-13
#32  京都・奈良 5月~唐招提寺④宝蔵 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-13-1
#33 京都・奈良 5月~唐招提寺⑤開山御廟 
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-13-2
#34 京都・奈良 5月~どやっさのサンドイッチ
http://usagi71.blog.so-net.ne.jp/2010-08-13-3


コメント(2) 
共通テーマ:旅行

#33 京都・奈良 5月~唐招提寺⑤開山御廟  [奈良]

 P5241347.jpg
門をくぐると一面の苔が美しい~!
P5241334.jpgP5241336.jpgP5241337.jpgP5241338.jpg
境内の北東の奥まった静かな場所に位置する鑑真和上の墓所へ行ってみます。
P5241342.jpg
同時期の高僧の中では唯一、1250年の永きに亘って参拝する人が途絶えません。
P5241343.jpg
現在は御廟前に和上の故郷・揚州から贈られた瓊花が植えられ、
初夏にその可憐な花を咲かせるそう(*^^)
P5241345.jpg 

→ #34 京都・奈良 5月~どやっさのサンドイッチ


コメント(2) 
共通テーマ:旅行

#32 京都・奈良 5月~唐招提寺④宝蔵  [奈良]

宝蔵(国宝)ほうぞうと読むそう。  国宝 奈良時代(8世紀)
P5241330.jpg
経蔵とともに並んで建つ校倉で北側の蔵です。
唐招提寺創建にあわせて建立されたといわれ、
経蔵より一回り大きいその堂々たる姿は、校倉の典型ですね。
校倉造の最古例とされています。
P5241332.jpg

P5241331.jpg

→ #33 京都・奈良 5月~唐招提寺⑤開山御廟 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

#31 京都・奈良 5月~唐招提寺③鼓楼 [奈良]

鼓楼 国宝 鎌倉時代 仁治元年(1240)
P5241322.jpg
金堂・講堂の中間の東側に建つ、2階建ての建物です。
鑑真和上将来の仏舎利を奉安しているので、舎利殿(しゃりでん)とも呼ばれています。
P5241324.jpg
堂内の厨子には、仏舎利を収めた
国宝の金亀舎利塔(きんきしゃりとう)が安置されています。

→ #32  京都・奈良 5月~唐招提寺④宝蔵 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

#30 京都・奈良 5月~唐招提寺②講堂 [奈良]

P5241317.jpg
国宝 奈良時代(8世紀後半)
平城宮の東朝集殿を移築・改造したもので、開放的な空間となっています。
天平時代、平城宮の面影をとどめる唯一の建築物としてとても貴重な存在です。
P5241321.jpgP5241316.jpg
内部は、本尊弥勒如来坐像(重文、鎌倉時代)と、持国天、増長天立像(重文、奈良時代)の他
多くの仏像が安置されています。

本尊弥勒如来坐像 
重要文化財 鎌倉時代
木造 講堂の本尊で、高さ2.84m。
鎌倉時代の典型的な仏像です。
about_koudohph2[1].jpg
(唐招提寺のHPより)

持国天立像 重要文化財 鎌倉時代
講堂の本尊で、高さ2.84m。
構造は、寄木造りで目鼻立ちも大きくはっきりとした力強い表情です。
about_koudohph3[1].jpg
(唐招提寺のHPより)

増長天立像 重要文化財 奈良時代(8世紀)
創建当時にさかのぼると考えられる木彫像。
そのずんぐりとした力強い体型は、唐代の仏像を手本としていたもので、
鑑真和上とともに来日した唐人の作といわれています。 
 about_koudohph4[1].jpg
(唐招提寺のHPより)

#31 京都・奈良 5月~唐招提寺③鼓楼 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

#29 京都・奈良 5月~唐招提寺①金堂 [奈良]

唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山です。
多くの苦難の末、来日をはたされた鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、
新田部親王の旧宅地を下賜されて、天平宝字3年(759)に戒律を
学ぶ人たちのための修行の道場を開きました。
1.jpg4.jpg5.jpg
南大門(1960年の再建)を入ります。
2.jpg
まず正面に国宝の金堂がどど~んと見えます。
3.jpg
奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のものです。
金堂の部材には西暦781年に伐採されたヒノキ材が使用されています。

千手観音立像  国宝 奈良時代(8世紀)
本尊、盧舎那仏坐像の向かって左側に安置される高さ5.36mの立像。
about_kondouph4[1].jpg(唐招提寺のHPより)

廬舎那仏  国宝 奈良時代(8世紀)
金堂の本尊で高さは、3メートルを超え、光背の高さは、5.15mにもおよぶ巨像。
また、背後の光背の化仏の数は、864体ありますが、
本来は1000体であったといわれています。
about_kondouph2[1].jpg(唐招提寺のHPより)


薬師如来立像  国宝 平安時代(9世紀)
本尊、盧舎那仏坐像の向かって右側に安置される立像で高さ3.36mです。
昭和47年の修理の際に左手掌から3枚の古銭が見つかり、
その年代からも平安初期の完成であることが明らかになっています。
about_kondouph3[1].jpg(唐招提寺のHPより)

 唐招提寺の三尊は廬舎那仏・薬師・観音の組み合わせで
天下三戒壇を表しているとする説もあります。

→ #30 京都・奈良 5月~唐招提寺②講堂 


コメント(3) 
共通テーマ:旅行

# 28 京都・奈良 5月~薬師寺⑤大唐西域壁画特別公開 [奈良]

平成12年(2000)12月31日に平山郁夫画伯が入魂された、
玄奘三蔵求法の旅をたどる大唐西域壁画は、
玄奘塔北側にある大唐西域壁画殿にお祀りしています。
エンタシスの回廊
P5241301.jpg
平成12年の大晦日に奉納された大壁画が、今年1年間、特別公開されてます。
この壁画は、平山郁夫画伯が30年を費やして作成したもので、
縦2.2メートル、横49メートルに及ぶ長大な物で、
7場面、13枚の壁画で構成されています。
hirayamatera[1].jpg
明けゆく長安大雁塔・中国
嘉峪関を行く・中国
高昌故城・中国
西方浄土須弥山
バーミアン石窟・アフガニスタン
デカン高原の夕べ・インド
ナーランダの月・インド

→ #29 京都・奈良 5月~唐招提寺①金堂 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

#27 京都・奈良 5月~薬師寺④東院堂 [奈良]

東院堂は養老年間(717~724)に吉備内親王(きびないしんのう)が
元明天皇の冥福を祈り建立されました。
国宝です。
photo_garan_toindo[1].jpg
      (薬師寺のHPより)
奈良時代は現在地の東側に建てられていましたが、天禄4年(973)の火災で焼失しました。

なかには国宝の聖観世音菩薩像 が安置されています。
P5241280.jpg
聖観世音菩薩は日本屈指のお美しいお姿の観音さまといわれ、
薄い衣を召し、その衣の美しい襞の流れの下からおみ足が透けて見える彫刻法は、
インドのグプタ王朝の影響を受けたものだそう。

西塔のすぐ脇には、会津八一の歌碑が立っています。
P5241276.jpgP5241275.jpg
すいえん の あまつ おとめ が ころもで の 
ひまに も すめる あき の そら かな

→ #28 京都・奈良 5月~薬師寺⑤大唐西域壁画特別公開
 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

# 26 京都・奈良 5月~薬師寺③玄奘三蔵院伽藍 [奈良]

 P5241303.jpg
平成3年(1991)玄奘三蔵院伽藍を建立しました。
P5241294.jpg
玄奘三蔵[げんじょうさんぞう](600または602~664)は、
西遊記で有名な中国唐時代の歴史上の僧侶です。
17年間にわたりインドでの勉学を終え、帰国後は持ち帰られた経典の翻訳に専念しました。
玄奘三蔵の最も究めたかった事は、「瑜伽唯識[ゆがゆいしき]」の教えでした。
その教えの流れを継承している宗派が法相宗です。
P5241296.jpg
現在、薬師寺と興福寺が法相宗の大本山で、玄奘三蔵は法相宗の始祖に当たります。
昭和17年(1942)に南京に駐屯していた日本軍が土中から玄奘三蔵のご頂骨を発見しました。
P5241297.jpgP5241299.jpg

→ #27 京都・奈良 5月~薬師寺④東院堂 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

#25 京都・奈良 5月~薬師寺②祈りの回廊 国宝 東塔特別開扉 [奈良]

薬師寺東塔は一見六重に見えますが実は三重の塔です。
これは各層に裳階[もこし]と言われる小さい屋根があるためで、
この大小の屋根の重なりが律動的な美しさをかもし出しています。
P5241265.jpg
 塔の上層部を相輪(そうりん)といいます。
その更に上部に尊い塔が火災にあわぬようにとの願いをこめて、水煙が祀られています。
水煙に透かし彫りされた24人の飛天は笛を奏で、
花を蒔き、衣を翻し、祈りを捧げる姿で、晴れ渡った大空にみ仏を讃えています。

この塔は 薬師寺で唯一創建当時より現存している建物で、
1300年の悠久の時を重ねてきました。
P5241269.jpg
内陣の天井絵(宝相華文様(ほうそうげもんよう)
P5241270.jpg
 2010年秋から覆いが施され、平成30年度まで本格的に解体修理に入る
国宝の東塔初層が初めて長期公開されました。

歴史をまじかで見れて感動。。。

ゆく年くる年でおなじみの鐘
P5241264.jpg

→ #26 京都・奈良 5月~薬師寺③玄奘三蔵院伽藍 


コメント(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。